FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本装備 その4 ‐宿泊道具‐

そして次に大切なのが、体力を回復するためでも重要な宿泊道具。

基本的に全てお宿で泊まることを考えている方々は、必要な宿泊道具なんてそんなにない。
ほとんどの宿ではタオル、洗面道具、浴衣など揃っているからだ。
(ただ、私が泊まった民宿の中には、洗面道具、ましてや浴衣すら無い場所もあったので、やっぱり四国はあなどれない。)
私の体験から言うと、ずばり宿は体力を回復できる。
大師堂や善根宿で、同宿のお遍路さんがいる場合はそうでもないだろうが、やっぱりテント泊では私の体力は、100%回復しなかった。
だから私は野宿2~3、宿1くらいの割合で進んだ。
宿に泊まった次の日は、体と足が軽く長距離を苦もなく歩けた。
自分の体力などを考えて、臨機応変に無理せず進んでいくのが一番だと思う。
ただ、全て宿泊で遍路を済ますには、約40~50万円の費用がかかるといわれている。
一泊(二食付き)6800円x最低40日(27万2千円)+納経代(300円x88=2万6千4百円)+昼食代+諸費用だ。
今最も贅沢な遍路といわれているのが、全宿泊の歩き遍路だ。
私の場合は、野宿に宿泊を2:1くらいで加えて最終的に約15万円くらいの費用になった。

前置きが長くなったが、以下が私が実践した野宿の宿泊道具。

基本は、もちろん寝袋。
夏は必要ないらしい。軽いブランケットのようなもの1枚あればよいと思う。
でも私の遍路は、11月末に終わった。その頃は、世間はすでにダウンジャケットやマフラーを着用していたくらいの寒さで、朝晩は本当に寒かった。
私が持っていったのは、Colemanのコルネット/0 (1.3kg)。
寝袋
9月23日に遍路を始めた頃は、これは暑かったので、ジッパーを全開にして毛布のように使用していた。
足と両腕を出すこともできるので、寝袋のなかに入ったまま移動できるところは有難かったが、10月終わりにもなってくると、この寝袋の肩口についてる黒い通気部分から冷気が入ってきて、寒くて寝れなくなった。そこで、その部分を縫い付けて、ようやく温かく寝れるようになったが、晩秋からの遍路には、これは向いていないと思った。ってか、そのままでは0度には対応できてない。

次は、快適さだけではなく、防寒のためにも寝袋の下に引くマット。
私は安い銀マットを持っていったが、これは失敗。
高い値段でも、もっと機能性の良いものを持っていくべきだった。
体があんまり痛くならない人や、慣れている人には十分だろう。
私は、寒さはある程度防げたが、腰が痛くて寝れない夜が続いた。
お勧めしたいのは、空気が自動的に入るエアマットや、ウレタンなどを使用しているマット。
もしまた野宿旅に出るなら、ちょっとお金をだしても、重量があまり変わらない高性能マットを絶対購入しようと思う。
眠れなければ、体力は回復しないので、次の日も距離を歩けない。

3つめは、お遍路では必要ないといわれているテント。
善根宿などのことは、ネットなどでの情報収集で知っていたが、私は遍路として四国の人々の思いやりと優しさをあてにして旅をしたくなかった。
そういった施設に、旅の途中で導きがあって泊まるのであれば、有難く泊めさせていただこうと思っていたが、最初から自分の費用削減・快適さのためにそれに頼って遍路旅を歩きたくなかったので、敢えてテントを持って行った。
善根宿に泊まるお遍路さんも、それを最初から予定にしているお遍路さんも悪いとは全く思わない。
遍路には、それぞれの人の形があり、それぞれの方法で巡る旅だと思う。
私はただ単に、それが甘えにつながると自分で感じたから善根宿は予定には入れていなかっただけだ。
また、テント泊のメリットは、気ままに予定が組めるということにもある。
善根宿や大師堂は、どこにでもあるわけではない。
よって、自然と一日に歩かなければいけない距離が決まってしまう。だが、テント泊だと、基本住民の迷惑にさえならなければどこでも寝れる。「あ、今日歩けない」と思ったら、距離を短くできる。「今日は調子がいいな」と思ったら、距離を伸ばすことも可能だ。

で、私が持っていったテントは、バックパッカー1人用テント Colemanのアビアーx1 (1.95kg)。
テント
これは、本当に寝るだけのテント。中で座ることもままならなかった。
基本ペグで立つようになっているが、東屋などでもヒモをくくる場所さえあれば立ったので、慣れた最後の方には不便はなかった。(最初はくくる事を考えつかなくて、不便だなと思ったが…)
でも、次回はやっぱり中で座れる2人用くらいの自立型テントを購入すると思う。

そして、野宿には必須のヘッドランプ。
夜、明かりが無い場所で地図を見たり、テントの中に引っ掛けてライトにしたり、と大活躍してくれた。
基本的にLEDのライトであれば、電池消費量も少なく明るいので十分だ。
手で持つタイプより、やはり頭に装着できるタイプのほうがはるかに便利である。時間計算が狂い、夜暗闇の中を一人遍路道で歩かなければいけないことも出てくる場合がある。そのときは、やはり両手が空いているほうが安全だし、地図も見やすい。
私が持っていったのは、700円くらいでホームセンターで購入した3段階の明るさになり、角度も調節できる、21灯LEDヘッドランプ。単4電池3本で1ヶ月は持ちました。
ここで注意したいのが、電池の種類。他にラジオなどの電池を使用する道具を持っていこうと思っている方は、電池の種類を揃えたほうが、荷物の軽量化につながる。

最後に、最初は恐くてつけようとも思わなかったが、最後的には必須道具として役に立ってくれた耳栓。
旅に慣れてくると、恐さとか安全性よりも、その夜寝て体力回復できるかのほうが、はるかに重要になった。
そして、これなしでは県道沿いなんかで寝れなかった。
耳栓さまさま。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

登録サイト一覧 次のサイト 前のサイト 登録 ランダム

個人サイト検索 あったかNAVI

個人ブログ リンク集 Blo-Lin

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 同行二人: 四国歩き遍路 ‐テントとお宿と時々仲間‐ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。