スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本装備 その1 ‐靴‐

まず一番大事なことは、靴。

どこのサイトに行っても、どの本を読んでも、必ず強調している基本中の基本。
まずこれがきちんとしていないと、この旅はほぼ1週間以内で失敗に終わる。
旅の途中で会った人たちのほとんどが、トレッキングシューズだった。
でも、別に高いトレッキングシューズを買わなくても良い。
私は、3年くらい普段から履いていたナイキのスニーカーに、中敷にジェルクッションを別途購入して挑んだ。

最初に大事なことは、その靴がどれだけ足に合っているか。
一日目からマメはできる。
一日10キロとか普段から毎日同じ靴で歩いている人で無い限り、絶対マメとはお友達にならざるを得ない。
実際、私も最初の2週間ほどは、マメの手入れが毎日就寝前の日課だった。
お遍路中にたった一人だけ、マメなんてできなかったよ~っておじさんに会ったが、それは特殊な例だと思う。
夜、同じ野宿場所や宿に泊まった人達とも、マメの苦労話を笑いながら沢山した。
しかし、やはり靴がどれだけ足にフィットしているかで、最悪の苦労を免れるかどうかの分かれ道になっていたと思う。

次に、クッション性。
これからお遍路に挑もうとする方は、まだあまりピンとこないかも知れない。
でも、毎日20キロ~30キロ(多い人で40キロ)を1ヶ月以上歩くのは、足に想像以上の負担をかける。
しかも現代お遍路さんは、残念ながら大半をアスファルトの道を歩かなければいけない。
ある説によると、遍路1200キロのうち9割がアスファルトだという。(私は、山道がきついので、アスファルト70%くらいに体感したが…)
普段あまり意識しないと思うが、アスファルトは堅い。
当たり前だと言われそうだが、土の道とアスファルトを交互に歩いていくと、アスファルトがどれだけ足首に負担をかけているかが、体感できる。
また、土の道でも、山のくだりがキツイ場所が多く、ひざが痛くなった。
クッションがきちんとしていないと、確実に足首・ひざが痛む。
高知で知り合ったフランス人のおばあさんは、足の痛みを訴えて途中でフランスに帰ってしまったけれど、疲労骨折だとパリで診断されたと手紙がきた。
実は、私も遍路から帰った今でも足の痛みが取れていない。

だから、発心したら、まず靴を考えること。
新しく靴を買うなら、1ヶ月ほどその靴で足慣らしをしておくこと。
山登りをしてみたり、5キロくらい歩いてみるのも良いかもしれないが、そんなことは私は出発前にはやらなかった。
やっていれば、良かったんだろうと思うが、やってなくても全部回れた。
でも、だからこそ帰って3週間近く経過した今でも足が痛いのだろう…
皆さんは、気をつけてください。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

登録サイト一覧 次のサイト 前のサイト 登録 ランダム

個人サイト検索 あったかNAVI

個人ブログ リンク集 Blo-Lin

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 同行二人: 四国歩き遍路 ‐テントとお宿と時々仲間‐ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。