スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月29日(水) 22日目 野宿(六十余社境内)

ようやく会社でのめどが立ち、高知に戻ってくることができた。
10月30日、13時半に土佐久礼駅に約2週間ぶりに降り立った。

しばらくぶりの荷物の重さに気を引き締める。
神戸に帰っている間も、一刻も早く帰って来たかった土佐の土地に戻れたことが何よりもうれしい。
駅からまた一歩一歩歩き出す。
煙をもうもうと出している焼き鳥の屋台を過ぎると、遍路道に到着。

今日はすでに午後を過ぎているので、そう遠くまで行けそうにない。
とにかく七子峠を超えることを目標にした。

土佐久礼の街を抜けると、遍路休憩小屋がある。
ここにはきれいなトイレも設置されているので、宿泊も可能だと思う。
歩き始めたばかりなので、今日は素通り。
遍路道沿いには、きれいな川が流れている。
しばらくすると、舗装道路か消えへんろ山道が始まる。
途中までは緩やかな登りだが、あまり管理されていない道なので、所々道が細くて心細い。

徳島に比べると、高知のへんろ道は本当に荒れている。
これも修行の一環だと言い聞かせ、峠を目指す。

途中から急に傾斜がきつくなる。
七子峠に到着する直前に一か所だけ、崖のような傾斜のすぐ上を人が一人ようやく通れるような道を通らなければならない場所があった。
その道すらも崩れそうで危険だった。
皆さんもそこは、気を付けてください。

最後に設置されている階段を登り切ると、そこは七子峠だった。
遍路地図にはドライブインが表示されていたが、閉まっていた。
トイレの場所もよくわからなかったので、山の下でお手洗いを済ませておくことをお勧めする。

七子峠超えはまあまあしんどかったけれど、ここまで来るとあとは下り。
気楽に集落を畑の中を歩いた。
しばらく歩くと、へんろ道が国道に合流した。
右側に、遍路地図には記されていなかった雪椿の休憩所が見えた。
しかし、ここはトイレがないようなので宿泊はできないと思う。
地図には六十余社に東屋のマークがあったので、そこを目指した。

雪椿の休憩所から程なく右手に椿食堂が見えた。
今日はスーパーもコンビニもないので、そこで夕飯を食べることにした。
こんにちはー、と中に入ると、おばちゃんが一人厨房にいた。
「あら、いらっしゃい」と、優しい笑顔。
厨房の壁には、お遍路さんの納め札がたくさん並んでいた。
そこでうどんを一杯注文した。

「お遍路さん、今晩はどこまで行く予定?」
今晩は横の神社で野宿をしようとしていることを告げる。
「あらー、大変ね。でも時々いるし、この辺は安全よ~。でも、夜は寒いけど大丈夫?」
テントがあるので大丈夫です、と答えると、
「今ね、身内にちょっと不幸があってね、ちょうどおはぎを作ってるのよ。後で取りにおいで!」
と言ってくれた。
温かいうどんも、とってもおいしかった。
ありがとうございます、と言って代金を払うと飴ちゃんを渡してくれた。
「気をつけてね。」
お礼に納め札をお渡しして、外にでようとすると、
「後20分くらいでおはぎできるから、取りにおいでよ!」
と、満面の笑顔で言ってくれた。

外に出て、神社の境内への階段を上った。
遍路地図には東屋のマークがあったが、神社の神殿しかない。
しかたないので、神様に挨拶とお供えをして境内でテントを張らせていただいた。
境内の左側に簡易トイレのようなものがあったので、そちらに降りて行ったが、残念ながら鍵がかかっていた。
今日は室内トイレはなし。

テントを張り、汗で濡れてしまった白衣を干して今晩の準備をしていた。
すると、階段を食堂のおばちゃんが登って来てくれた。
「あら、立派なテントやね。ほら、さっき言ってたおはぎ。食べなさい。」
プラスチックの箱の中に、大きなおはぎが2つ入っていた。
ありがとうございます、とお礼を言うと、おばちゃんは、
「風邪引かないようにね!何かあったら、あっちにいるからね。」
と言って帰って行った。
おばちゃんの姿が消えるまで、見送った。

身内に不幸があったおばちゃん。
でも笑顔で赤の他人の一遍路にお接待をしてくれたおばちゃん。
本当にありがとうござました。

そして日が落ちた。

トイレもない神社の境内に泊まる。
また一つ文明の利器を捨てて生きていくことに慣れる。
そして、また一つ楽になる。
また何かが吹っ切れた。

テントに入り、明日の予定をヘッドライトの下で立てる。
今までなんとなく神社やお寺の境内では野宿をしたくないと思っていたが、全く怖くなかった。
明日は、いよいよ岩本寺。

1日目(通算22日目) 歩行距離 約12km
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

登録サイト一覧 次のサイト 前のサイト 登録 ランダム

個人サイト検索 あったかNAVI

個人ブログ リンク集 Blo-Lin

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 同行二人: 四国歩き遍路 ‐テントとお宿と時々仲間‐ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。